現実とのギャップを埋める理想のマイホーム

マイホーム

アイロン台不要!?キッチンで簡単アイロン掛け

苦手な家事でも上位を争うであろうアイロン掛け。あなたは好きですか?

面倒だ、難しい、アイロン台が場所をとる…などとマイナスイメージの多いアイロン掛けですが、もっと簡単に、お手軽に楽しくできてしまうんです!

アイロン台を用意して、霧吹きや糊を準備して、正座で足を痺れさせながらの大変な作業。そんなアイロン掛けのイメージをがらりとかえてみましょう!!

アイロン台が無くてもアイロンは掛けられるんです!!

アイロンをかける場所はキッチンのワゴンや棚、ダイニングテーブル。用意するのはバスタオルなどの分厚い布のみ。

バスタオルを何回か畳み、テーブルの角にピッタリと付けて置けば、簡易アイロン台の完成!!

ハンカチやキッチンタオルなどはもちろん、テーブルの角を利用すればワイシャツだってアイロン掛け出来ちゃいます。

ダイニングテーブルや棚を利用するのはもう1つ理由があります。アイロン掛けは、実は座ってかけるよりも立って掛けた方が効率が良いのです。

立って掛けた方が力が掛けられ簡単にシワをのばすことができるし、身体にも負担になりません。

わざわざ場所を作って、時間をかけてアイロン掛けをするよりも、キッチンで家事の合間にササッと取り掛かれるのも良いですよね。

アイロンが温まるまで、洗い物をしていたっていいし、料理の下準備をしながら一枚ずつハンカチにアイロンをかけていくのもいい。

忙しい主婦にとって、キッチンという同じ場所で家事を同時進行できることはとても魅力的だと思います。

もう1つのポイントは、アイロンは濡れたまま掛けても大丈夫!ということ。

乾いたシャツより、洗濯機から取り出したばかりの濡れたシャツのほうが自然とスチーム効果になり、シワが取れやすいのです!

わざわざ乾くまで待ってからアイロン掛けをするよりも効率的ですよ。

わざわざアイロン台を用意する手間無く、キッチンで手軽にアイロン掛け!簡単にできるこの方法で苦手な家事を克服しましょう!

コメントは受け付けていません。