現実とのギャップを埋める理想のマイホーム

マイホーム

2016年11月10日
から yanosangyo
カフェ風リビングでゆったり はコメントを受け付けていません。

カフェ風リビングでゆったり

リビングのタイプはその人の趣味がハッキリ出るところですよね。タイプも北欧風やフレンチ風、ナチュラル風などたくさんのタイプがあると思います。我が家は今人気のカフェ風リビングです。

濃い色の木製家具でコーディネートしてあります。一番のこだわりは新品の家具ではなく、ビンテージ家具や古材を使ったものを集めたところでしょうか。

ダイニングテーブルとラックはインドネシアの古材が使われていて、少し割れていたり、節穴が開いていたりしています。

表面も木そのままの状態なのでガタガタしていて、子供が勉強する時は大きな下敷きが必要ですけど(笑)。

ソファは子供の頃から使っている革製のソファで随分年季が入っていますが、それもまたこの部屋には似合っています。

椅子はアーコールチェアを種類を変えて揃えました。コーヒーテーブルもG-PLANでどれも細かい傷がついていたりしますが、かえってそれが新品には出ない味わいになっています。

値段も探せば良質のものが新品よりお得に買えたりします。誰が使ったかわからないようなモノは嫌だ!という人にはダメかもしれないですが、ちゃんとしたお店で購入すれば、洗浄からメンテナンスまでされた家具が買うことができるんですよ。

時々家具を傷めないようにオイルを塗ってあげたり、熱いものや濡れたものを置いて輪ジミを作らないようにコースターを使うなど、ちょっとした気遣いも必要ですが、それも家具への愛着があれば何にも苦になりません。

全部の家具をビンテージで揃えるのは難しいので、中には通販やイケアで買って組み立てたものもあります。

色と雰囲気を揃えればそんなに値段をかけずに雰囲気のあるカフェ風リビングができます。

もう一つの趣味である観葉植物との相性もバッチリで、いろいろな所に植物を飾って、ますます心地の良いカフェ風リビングを楽しんでいます。

2016年10月10日
から yanosangyo
昔ながらのナチュラルお掃除 はコメントを受け付けていません。

昔ながらのナチュラルお掃除

毎日のお掃除、皆さんはどうしていますか?

働く主婦の皆さん、子育て中の方、忙しい毎日に完璧な掃除をするのはなかなか難しいものですよね。

特にフローリングや畳の掃除機がけ。朝早くや、仕事を終えて夜になるとご近所への騒音が気になってかけられない。

赤ちゃんがいる家庭では、せっかく寝ていたのに掃除機の音で起きてしまった!などと、騒音トラブルが困りものです。

そこでおすすめなのが、昔ながらの箒を使ったナチュラルお掃除!!

埃が気になったとき、ゴミが落ちているとき…時間も音も気にせずに、すぐにササっと履いてしまいましょう。

いつでもどこでも、箒とチリトリさえあればすぐにお掃除できるんです。

掃除機を押入れから取り出し、コンセントをさして…意外とこの動作と時間が勿体ないのですよね。面倒なのでついつい後回しにしてしまって、結局忘れてしまうことも。

そんなときも、昔ながらの箒でお掃除だとパパッとあっという間に終わります。

気がついたときにすぐに片付ける。これが忙しい主婦の賢い掃除のやり方です。

手間も時間も心配事も、何も気にせずに掃除が片付いてしまう!まるで魔法のようではありませんか?

昔ながらのナチュラルお掃除。

掃除は上から下へが基本。ハタキでパタパタと埃をはたいたら、箒でササっと集めましょう。

後は固く絞った雑巾で水拭きをして終了です。

お気に入りの箒やチリトリ、ハタキなどお掃除グッズを揃えると、ますますやる気が出ますよ。

一本一本、職人さんが手作りした棕櫚の箒。

ハタキや雑巾はお気に入りの端切れを集めて手作りをして。

機械的な掃除機と違って、昔ながらのお掃除用品は手作りの温もりが溢れ、自然と愛着が持てるもの。見せる収納で箒を立て掛けておけば、すぐに手に取れお掃除できます。

お気に入りのお掃除グッズを揃えれば、面倒だったお掃除にも自然とやる気が湧いてくるはず!

昔ながらのナチュラルお掃除、ぜひぜひ試してみてくださいね。

2016年10月7日
から yanosangyo
突然休日に土地を購入 はコメントを受け付けていません。

突然休日に土地を購入

休日は健康面も兼ねて土に触れるよう心掛けていました。
土いじりは、大地の地球からパワーをもらえるような気がしています。
小さなガーデンを作成していました。

そして土いじりの後は休憩を兼ねて、ネットサーフィンです。特にガーデニングや不動産の情報を検索するのが趣味です。

なぜ不動産かは、後の話で出てくる空き地について、調べたいからだったりします。あと隣地の土地が売り出された時の対応についての情報などを調査していました。

私のよく見るサイトは、土地の売却や古家付きの土地、測量関連の情報が載っているので勉強になります。また任意売却やリースバックといった情報も詳しく載っています。

日曜大工で作成したウッドデッキは、私の自信作?です。

素人ですから、時間はそれなりに掛かりましたが、家族にも喜ばれ大変満足な気分でした。
家を建てる際も、家庭菜園がしたいと思い、そのスペースも確保しました。

その分、庭の手入れを怠ってしまうと、雑草がすぐに伸びてしまいます。
ある休日に、ウッドデッキの作成を行っていた際、隣の空き地を測定している方を見かけたのです。

地鎮祭独特の光景をご存知かと思いますが、まさにそうでした。
工事用の電柱も建てられています。

ついに隣に家が建ってしまうのかと心でつぶやいていました。
実は、空き地は我が家の南にあり、家が建ってしまうと日差しが途絶えてしまうのです。

空き地は以前、草刈りをボランティア感で行っていました。
通学路にもなっているため、防犯や交通安全も兼ねて行っていたのですが、残念な気持ちでした。

翌週の休日の出来事ですが、庭の手入れを行っていたのです。
すると、隣りの空き地で工務店の作業服を着た方があいさつに見えました。

来週から工事に入る為、あいさつ回りを行っていたのでした。
その方は、不動産会社の社長でした。

実は以前から、家族と隣に家が建った際の事などを話しながら、余裕があれば購入したい等と話していたのです。

そんな会話をしてみると、なんと驚きの返答でした。
もし良ければ、土地を売っても良いというのです。

詳しく聞いてみると、建て主があまり乗り気でないらしく、土地の手放しを以前から考えていたようです。

話が進んで結果的には、土地を購入する事となったのです。
条件付きでしたが、地代の値引き交渉も行い、やや満足の行く金額で決定でした。

条件は、家を建築の際は工務店さんに声をかける事が条件です。
後日契約を結びましたが、高い買い物を行った休日でした。