現実とのギャップを埋める理想のマイホーム

マイホーム

焦った土地探しの失敗談

転勤族の我が家は結婚10年、日本各地を転々をしていました。転勤族の妻、いわゆる転妻の間で常に話題にあがるのは「子どもが何歳まで転勤に着いていく?」「将来はいったいどこに定住するのだろう?」などなど。リフォーム一括見積もり

我が家もいつどこで定住できるのか全く先の見通しのないまま、次の転勤先の辞令が・・・。次の引越し先はなんと、まずないと諦めていた群馬県の地元近くだったのです。

主人と私の間では、定住を決めようかとの意見が一致し。会社に決められた社宅に入らずに、子どもたちを通わせる環境の良い小学校をリサーチして、ここでよかったのか、と多少の迷いも抱きつつ賃貸マンションに入居しました。

私たちの間では、新居を購入するなら、できるだけ賃料を抑えて且つ短期間で土地を見つけて購入しよう!と、家族4人で住むにはちょっと手狭な部屋を選んでしまったのです。目標は1年以内に引越し・・・早速、土地探しが始まりました。

しかし、一生住もうという土地はそれまでの賃貸を探すのとは訳が違い、中々決まらないもので。長い間、住宅を買えなかった間についてしまった知識や知恵が邪魔をし?どの土地にもあれこれと不満がでてしまいます。

接道が狭い、日当たりが悪い、値段の割りに環境が悪い・・・などなど。

まず思ったのが、土地探しに期限を設けずに、もう少し広い部屋を借りたら良かったな、ということ。

今までの荷物も片付かず、私自身や子どもたちのせっかく出来たお友達を招くにも気がひける日々がいつまで続くのかなと思うと慣れない土地で憂鬱な気分になりました。

そんな中、それまでとは比較にならない程、安価な土地の情報を見つけたのです。即、主人と見に行きました。

綺麗な成形地でしたが、一点気になる所は、間口が車一台とおるのがギリギリだったこと。そうは言っても、数字上では、自宅の車がなんとか入ります。

この値段ならすぐ売れてしまいますよとの営業さんの言葉にも後押しされ、即決してしまいました。その後、古屋の門扉を撤去してみて車を入れてみて唖然。

冷や汗が止まらないくらいギリギリです。その後、その土地は売却し、新しい土地を購入しましたが。大きな買い物は慎重に。当たり前のことですが、身にしみた出来事でした。

そして話は変わりますが、私の友人が先月シングルマザーになりました。

要は子供の親権をとって離婚したのですが、 その離婚に至るまでが非常にスムーズだったのです。

なんでそんなに揉めないで離婚できたのか?という問いに、離婚の相談を専門家にしっかりしていたことのことでした。

離婚をお考えの方は、しっかりと離婚の事前準備をお勧めします。

それでは今回はこれで。

コメントは受け付けていません。