現実とのギャップを埋める理想のマイホーム

マイホーム

小部屋の屋根修繕と塗料の選別と効果。

数年前から秋の台風で、雨漏りで天井に数か所にカビ上の斑点を知りまして、写真を撮り、しばらく状況の変化を観察しました。

その原因は、台風での雨量が、多い時に逆流と強いz強風で屋根の対応能力を超えていると判断しました。

数か月で、状況がの場所が、拡大し始めたので、火災保険会社へ先ず、連絡してから状況を報告しましたが、返答は、状況の写真と業者からの見積もり内容を報告してください。

このような状況下で、対応を参考なる資料ないかをPCで探しました。幾つかの参考例が、ありましたがので、調べました。

保険での修理範囲は、金額的に10万以上で、自然災害での要素があるかどうかになると判断しました。

幾つかの原因要素が、考えられると思いましたので、二社の業者へ話しますと、先ず、原因場所を特定し、調査をすることになります。

更に、部屋の天井から場所を決める。そのような状況から見積もりを作成することになりました。

他の業者は、多分ですが、屋根の吹き替えをする時期ですねと答える。何だか足元を見ている状況と判断しました。

そこで、他の方法は、自分で修理することになります。しかし、出来る内容なのか?確認して、最しゅうり終的には、自分で修理をすることになりました。

数日かけて、ホームセンターへ通い、材料の内容を調べ、価格の調べました。意外と最終の要件は、塗料内容と下地の補強で決まること知りました。

下地の準備と必要な小物を購入しましたが、塗料の点では、迷いました。その理由は、屋根の状況と使用する成分の強調を考えるか?

先ず、確認してから購入することにしました。調べると太陽の紫外線との関係に重点を置きました。その後、購入後に修理開始をいたしました。

先ず、屋根の掃除、水洗い、雨漏りする箇所を確認して、補強処置と修正を行い、いよいよ塗りをスタートしました。

なかなか快調な滑り出しでした。数時間を過ぎましたら、体の悲鳴を感じましたので、一時中止上を行いました。

塗りの状況は、多目的な塗料内容でそのまま塗れるものが、一定した状況で塗れることが、重要です。そのようなことで、完成しました。自分でも満足しております。

コメントは受け付けていません。